>

BLOG社員ブログ ディジぶろ

2016年08月10日

Pi!を使用した計測作業の効率化(1)

第1章  - 入力作業の自動化 –

■はじめに

製品開発、生産、研究など、様々なシーンで計測機器を使用される事はありませんか?

 

例えば、

・ノギス等で寸法を記録する

・ハカリ・天秤等で重量を記録する

などの作業を、日常的に行われている方も多いのではないでしょうか?

keisoku-kikirei

■問題点

このような、計測作業にまつわる課題としては、以下に挙げるような事がありがちです。

 

・計測結果を手入力することによる、誤記などのデータ間違い

作業担当者が、測定結果の値を目視して、Excel等の表に手で入力するケースは多いですが、

入力をうっかり間違ったまま、記録してしまう場合があります。

例)数字の間違い、小数点の入力忘れ、etc…

 

・計測結果を手書きで紙などに記入した場合の問題

単純な誤記等の他、

時間が経って結果を書いた用紙を見返してみると、判読できない

記入者とは違う人が、結果を書いた用紙をみても、字にクセがあり判読が困難、

等の問題がありがちです。

 

また、一旦紙に記入した計測結果を、後で整理・分析するためにPC等に入力し直すにも

結構手間が掛かりますよね。

keisoku-tegaki3

 

■解決策

計測結果を、正確に記録したい。また、入力時の手間を減らしたい。

これらの課題を解決する方法の1つとして、

・計測結果を人手で入力する代わりに、計測時に自動でPC等に入力する

ということが出来るのを御存知ですか?

 

実は、計測機器によっては、外部データ出力機能を持っている場合があります。

この出力機能を用いて、計測結果を直接PC等に入力することで

・手入力時の計測結果を誤入力してしまう可能性が無くなる

・手書きしていた計測結果をPCなどでまとめ直す手間が不要になる

という、大きなメリットがあるのです!

keisoku-auto

■出力機能

計測機器の外部データ出力機能の例としては、以下の様な物があります。

・デジマチック

・RS-232C

・Bluetooth

・USB

・有線LAN

・無線LAN

・独自インタフェース

など様々です。

 

■次回

次回は、計測結果の入力作業を自動化するために役立つ機器として、

Pi! (DKA-101/DKA-102) を御紹介します。

 

※記載されている商品名・会社名等は、一般に商標又は登録商標です。