>

BLOG社員ブログ ディジぶろ

2016年08月8日

DKA-101のご紹介(3)

こんにちは。(ま)です。

 

今夜はびわ湖大花火大会が開催されます!

ちなみに↓は昨年の写真です。大輪の花火が沢山打ち上げられる様は圧巻ですね!

びわ湖大花火大会② びわ湖大花火大会

平日ですけど、会場周辺はたくさんの見物客で混雑しますので

花火を見に来られる場合は十分気をつけてくださいね!

 

所要で大津周辺に来られる方も交通規制がありますので、ぜひ事前に確認される事をおススメします。

 

さて、前置きが少し長くなりましたが、

計測器BluetoothアダプタPi! DKA-101のご紹介記事も3回目です

(前々回の記事はこちら、前回の記事はこちら

DKA-101

これがDKA-101になります。

 

特徴を簡単に説明しますと

・デジマチック出力、もしくはRS-232Cインタフェースが付いた計測器を無線化

・Bluetooth無線で煩わしい配線が不要

・内蔵充電池で8時間動作(付属のACアダプタで充電及び常時通電しての動作も可能)

という物です。

 

この内、今回はRS-232Cインタフェースのスルーモードについて説明します。

 

DKA-101を用いたRS-232Cケーブルの無線化は、前回の記事で簡単に説明しました。

PCと計測器をRS-232Cケーブルの代わりにBluetoorh無線で接続できる便利な機能です。

 

その際、DKA-101にRS-232Cスルーモードという設定があるのです。

 

DKA-101をRS-232Cスルーモードで使用すると、どのような使い方になるかというと

・PCから見ると、計測器があたかも仮想COMポート(RS-232Cの通信に使うポート)に

接続されているかのように見えます。

・計測器のRS-232Cポートから送られたデータ(例えばハカリの計量値など)は、

 PCの仮想COMポートで受信できます。

・逆に、計測器へコマンドなどを送る場合は、PCの仮想COMポートから送信できます。

 

要するに、PCと計測器の間で、仮想COMポートを使って双方向通信が出来るという事です。

※但し計測器のポートが出力のみの場合もあり、その場合はPC側も受信のみ機能します。

きっと便利にお使い頂けます!!!

 

詳しくは、商品一覧ページの中程にあります「計測器Bluetoothアダプタ」にあるリンクから御覧下さい。

これらに興味を持って頂けましたら、是非とも弊社営業部までお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォームはこちらから。お電話の場合はこちらのページをご参照下さい。

 

それではまた