バーコード豆知識(3)


みなさま、こんにちは!
バーコードお兄さんです。

バーコード豆知識、第3回目です。

前回では、
『1次元バーコードを、大きく分類すると2種類ある』
ということをバーコードの図を見て直感的にお解り頂けたと思います。

バーコードの太さの構成が違うと前回述べましたが、少しだけ詳しく見たいと思います。
バイナリマルチ
・左側のバーコードは、
  細いバーと細いスペースの幅は、同じ
  太いバーと太いスペースの幅は、同じ
 よって、2種類の太さで構成しているので、
 バイナリレベル(2値レベル)のバーコードと呼ばれます。

・右側のバーコードは、
  細いバーと細いスペースの幅は、同じ
  他のバー、スペースは細いバー、スペースの太さを基準としてn(2、3、4~)倍の太さ
 よって、多種類の太さで構成しているので、
 マルチレベルのバーコードと呼ばれます。

お解り頂けましたでしょうか~?

次回は、代表的な1次元バーコードの種類を紹介しようと思います。

弊社は、1次元バーコードを読み取るハンディターミナル、スキャナの設計、開発、製造、販売を行っています。

最後までお読み頂きありがとうございました。


-------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村に参加しております。
下のバナーをクリック頂けると幸いです。
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村 機械・電気通信機械(製造業)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
にほんブログ村 滋賀県情報

製造業 ブログランキングへ

滋賀県 ブログランキングへ