DDM-100のご紹介(3)


こんにちは。(ま)です。

 

前回に引き続き、デジタルメジャー DDM-100のご紹介です

記事1記事2

 

ddm-101_small DDM-100

 

特徴を簡単に説明しますと

・専用巻き尺(コンベックス)の目盛りを自動で読み取り

・読み取った目盛りをBluetooth無線でホストに転送

・長さは 3.5m、7.5m の2種類から選べる

という物です。

 

さて、測定値をBluetooth無線でホストに転送できるわけですが、

DDM-100 のBluetoothのプロファイルはSPP(シリアルポートプロファイル)なので

ホスト側で測定値を受信するには、基本的には

・仮想COMポート経由でデータ受信

という形になります。

 

ごく一般的なCOMポートの通信処理となりますので、

データ取得部分を含め、自前でシステムを組んで運用されることも容易です。

 

さらに、「自前でプログラムを組むのは手間や費用も含めて難しい」という場合、

弊社で用意しております「Bluetoothキー入力ユーティリティ」を使用すれば

測定値をホスト側アプリにキー入力することも可能です。

 

すでにDKA-101 (計測器Bluetoothアダプタ)で受信ユーティリティをお使いの場合は

同ユーティリティで DDM-100 のデータもキー入力することが出来ます。

 

詳しくは、商品一覧ページの下のほうにあります「デジタルメジャー」にあるリンクから御覧下さい。

使い方を説明した動画もございます。

 

これらに興味を持って頂けましたら、是非とも弊社営業部までお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォームはこちらから。お電話の場合はこちらのページをご参照下さい。

 

それではまた


-------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村に参加しております。
下のバナーをクリック頂けると幸いです。
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村 機械・電気通信機械(製造業)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 滋賀県情報へ
にほんブログ村 滋賀県情報

製造業 ブログランキングへ

滋賀県 ブログランキングへ